高校生や中学生になってくるとより将来に関わる目標が出来てくるものです。この職業に就きたい、この学校に入りたいなど子供にとって夢に繋がる部分がより鮮明に見えてきます。もちろん、その目標や目的によって今後の進路先の幅や、勉強する内容なども大きく変わってきます。例えば、近くの公立高校に行って、そのあとは専門学校に行きたいと言う場合と、難関高校に行き、国公立大学に入りたいという子供では必然的に学習する内容が変わってきますよね。もちろん勉強方法においても同様で自分の子供の目標や目的に合わせて選ぶ事が必要です。

通信教育においても色んな目的や目標によって、どの会社を選ぶかは変わってくると言えます。基本的な内容をしっかりと解読してくれ、発展問題を重視しているものや、基本的なものもそれなりあるが、発展の種類と応用への使い方に力を入れている所と様々です。

また、もしあっている通信教育を頼んでも、子供が自発的に勉強しなければ成績にはつながりません。これは塾や家庭教師などを問わずに言える事です。その為にも親は子供が勉強をしやすい環境を整えてあげる事が重要だと言えます。

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930